鶴屋八幡のたまごせんべい

せんべいと言っても東と西では違うようです。 

鶴屋八幡さんのサイトによるとこんな説明があります。 

東京で煎餅といえば、米か餅米を蒸して、薄く伸ばし、包丁または型でぬいて網焼きにし、
醤油か塩で味付けしたものですが、京都、大阪で煎餅と申しますと、小麦粉を水で溶いて
砂糖などで軽い甘みをつけ、金型に流し込んで焼いたものを指します。


やはり関西人としてはせんべいといえば、薄くて、甘いせんべいを思い浮かべます。

今回ご紹介させていただくのは鶴屋八幡のたまごせんべい

いたってシンプルなせんべいです。

e0009772_2344499.jpg


10枚で840円、1枚あたり84円

確かにこの薄っぺらいせんべいで84円は高いかもしれませんが…

でも食べてみると、やっぱりおいしい!

e0009772_23452768.jpg


シンプルだけれど、シンプルがゆえになぜかおいしい!

口の中に入れると、あっという間にとろけてしまう!

おいしいという余韻を感じてしまう前にあっという間にとろけてしまう(笑)

このシンプル、薄っぺらいせんべいに84円という価値…

どこに価値を見い出すかの問題だと思います。

価値っていったい何なんでしょうか?

ボリュームがあって、安ければいいのでしょうか?

やはりそれなりの価値にはそれなりの価格があるのでは…

それにしてもこのたまごせんべいはうたかたのおいしさ!

やっぱりおいしいなあ!このたまごせんべい(ペコリ)
by mitsuketai | 2014-02-05 23:46 | おすすめスイーツ