ロールケーキに求めるもの!

世の中、一時ほどではありませんが、ロールケーキなるものが多くあります。

先日、この画像のロールケーキを期待して買ったのですが、
正直申し上げて、期待外れでした。

e0009772_22595246.jpg


見た感じではおいしそうに思えたのですが…(苦笑)

こればかりはあくまで私の主観なので、あえて店名はオープンにはしませんが…

何が期待外れだったのか…

まず、ロールケーキの生地の部分…

こだわりの卵を使って、黄金色に仕上げているとの触れ込みだったのですが…

弾力性がないこと、口どけが良くないこと!

ふわふわ感があって、指で押すとじわっと跳ね返ってくる、
そうそう、若いお姉さんのようなふわふわとした弾力性!

卵黄を使いすぎても、卵白をしっかりメレンゲして配合を
考えないと、ふわふわ弾力性は出ないと思います。

そして極めつけは生クリームが酸っぱくて、重いこと!

購入する時に生クリームに特徴はあるの?と質問したら、
普通のクリームですとの回答。

実に胃に重たさを感じるクリームなのです。

しかもヨーグルトっぽいクリームで、これではいくら生地を
おいしく焼き上げてたとしても台無しにしてしまうのです。

仮に生地にこだわるとすれば、なぜもっとクリームにもこだわらなかったのか?

中途半端なコスト意識が脳裏をちらっとよぎったのかもしれませんね!

本日のお題は“ロールケーキに求めるもの”

弾力性があって、ふわふわ感があって、どこに行ったか分からないくらいの口どけのいいロール生地!

フレッシュ感があって、うっすらでありながらコク味のあるミルキー感しっかりの生クリーム

そして胃にもたれない、口どけがいい、爽やかな生クリーム

これは卵、粉、牛乳、生クリームといった素材にこだわり、その厳選素材を相乗的な
絶妙なバランス感覚で使いこなせるパティシエの感性と技術が必要だと思います。

そんな究極のロールケーキにいつか出会いたいものです。

もし出会えたとしたらハーフサイズの大きさで2,000円でも決して高くないと思います。

モノがあふれている時代、2,000円出しても買いたいと思わせるような
一切妥協を許さない、ヘタなそろばん勘定の中途半端さを排除した
商品だけが生き残っていくような気がしてなりません(ペコリ)
by mitsuketai | 2014-02-14 23:00 | おすすめスイーツ