戸籍不正閲覧と個人情報保護法

橋下市長の戸籍不正閲覧が問題になっている。

職員による不正な閲覧はあってはならないことである。

民間で個人情報が洩れたら大騒ぎになるのに、役所ではいささかおとなしすぎる!

橋下市長には今後こういう不祥事が起きないよう徹底した関係者の処分をお願いしたい!

なぜ、このようなことを問題提起するのか?

こういった個人情報の不正閲覧は氷山の一角だと思っているからである。

たまたま強い立場の橋下市長の開示請求があったため、問題が露見!

ところが一般市民の場合、ここまでできるだろうか?

いや、憲法の平等の観点から考えれば、我々一般市民からの開示請求も当然できるはず!

皆さん、市役所などの窓口でこんな経験はありませんか?

氏名と生年月日と住所をおっしゃってください!

つまり、行政機関の端末で職員あれば、氏名と生年月日と住所さえ分かれば…

本人確認の証明がなくても、あらゆる情報の閲覧が可能なのです。

かねてから、これは危険だなあ!悪用されないかなあ!

冒頭でも述べたようにこれは氷山の一角で、全ての行政機関で不正な個人情報の閲覧履歴を
調査したら、収集がつかなくなり、行政に対する信頼は灰塵に帰すと思われます。

いくら個人が情報を守ろうとしていてもいわばザルで水を掬うようなもの!

個人情報保護法なんてあっても無きが如し!まさにザル法(苦笑)

何のための個人情報保護法なんでしょうか?

今回、橋下市長は自らの問題のみではなく、市民全体の問題として
戸籍のみならず、その他行政機関が知り得る情報すべてにおいて
職員が興味本位で恣意的に個人情報を閲覧したり、その情報が
外部に漏れ、それでもって不正な報酬を受けていないかどうかを
徹底的に原因究明を行ない、厳正なる処分をしてほしいと思っています。

公僕たる精神を持って日夜職務に精励されている公務員の方々にとっては
色眼鏡で見られ、大いに迷惑されていると思います。

真面目に市民のために職務に精励されている優秀な公務員の皆さんの
名誉のためにもぜひ徹底的に調べ、徹底的に処分をしていただきたいのです。

今まで身内に甘い市役所の体質にメスを入れ、市民目線で改革を訴えてこられた
橋下市長には今回の問題はぜひがんばっていただきたいものです(ペコリ)
by mitsuketai | 2014-02-26 18:37 | 社会問題