鈴木さんのレモン

蔵出しみかんで有名な和歌山県下津市のミカン農家の鈴木農園

みかんは今まで取り寄せていたのですが、今年初めてお取り寄せしたのがレモン!

海外産のレモンに比べ、国産のレモンはイマイチというこれまでの印象が一変!

スーパーで販売している海外産のレモンは酸っぱすぎたり、大きいなあと思ったら、果汁が少なかったり、
国産レモンは青臭かったり…なかなかいいレモンに出会うことはありません。

ところが、鈴木さんのレモン、果皮がやわらかく、果汁がたっぷりで、さわやかな酸味と奥深い味わい。

e0009772_23185371.jpg


いいレモンをほしいなあ!と思ったら、鈴木さんのレモン、そしてこのブログでも最初の頃から
ご案内している、豊橋の河合果樹園さんの無農薬レモンをおススメします。

まず、このお二方のレモンは間違いありません!

それにしても、つくづくレモンって万能調味料だなあ!と…

エビフライもレモンをたっぷりかけるだけで十分!

漬物もレモン果汁をかければ、醤油の量も少なく、結果として減塩につながる。

苺ジャムやりんごコンポートには欠かせない!

それにしても鈴木さんのレモン、果皮もやわらかい、味もやさしい…

ふと、なぜなんだろう?と思っていました。

20年以上前から、消費者や家族の健康のため、除草剤を使わず、
草むしりをして栽培しようと決心され、現在に至っています。

農薬も最低限度の年間3回で、通常の3分の1以下!

それはおそらく鈴木さんの作物や家族、食べてもらう人への思いやりだと思います。

やはり、最後は携わる生産者の人柄が大きい要素を占めています。

農産物もモノづくりもいくら機械化やIT化が進んでも最後は作り手の人柄に勝るものはありません(ペコリ)
by mitsuketai | 2014-03-10 22:16 | 野菜のソムリエ