高槻で薯蕷饅頭を購入するとしたら…

薯蕷饅頭(じょうよまんじゅう)は和菓子屋さんの実力が出ると思います。

いや、シンプルがゆえに、色々な面でお店の心意気や姿勢が現れます。

毎年、新しい年を迎えると、親しい人に特製の少し大きめの
紅白の薯蕷饅頭(じょうよまんじゅう)を送っています。

特にがんの手術が無事終わってから、新たな節目と思って饅頭は
地元 高槻市の幸春さんにお願いしております。

今日のタイトル:高槻で薯蕷饅頭(じょうよまんじゅう)を購入するとしたら…

あくまで私見ですが、この問いに対する答えが幸春さんです。

駅から離れていたり、自宅からの交通アクセスが少々不便なのですが、
きっちりとした薯蕷饅頭を買い求めようと思えば、幸春さんおススメです。

そこに至ったのには訳があります。

あるお店は、商品の品質が最初の頃と比べて格段に落ちてきましたので
そこではもう3年以上、一切の商品を買い求めることを止めました。

また自宅近くに支店があって、市内に本店を構えるお店の薯蕷饅頭も
先日お供えのために購入したところ、皮も中のあんこもフニャフニャ、ぺちゃぺちゃ!

明らかに、水増しの弊害ですね(苦笑)

しかも経費節減で個包装も薄いビニールで包み、皮が剥がれることも…(怒)

それで、1個:190円はお客さんをバカにしていると思います。

ところが幸春さんの薯蕷饅頭は皮はしっとり、ふわふわ…

e0009772_23171686.jpg


山芋をふんだんに使っているのが分かります。

そもそも山芋を使っていないのは薯蕷饅頭を名乗ってはいけません。

また、中のあんこもしっかりしています。

e0009772_2325494.jpg


1個:200円も価格としては妥当です。

普段使いの場合は、サービスパックで買いますが、お供えや進物にする場合は
こうして個包装のパックに同じ金額で対応してくれます。

e0009772_23291056.jpg


そういった気遣い、そして丁寧な商品、それがひしひしと伝わってきます。

それぞれご評価はあっていいと思います。

高槻で薯蕷饅頭(じょうよまんじゅう)を購入するとしたら…

今回のタイトルはあくまで私のおススメとお考えいただければ幸いです(ペコリ)
by mitsuketai | 2015-06-02 23:20 | 地元高槻/茨木ネタ