仁多米とモロッコ国王

島根県出雲地方のブランド米が仁多米!

かれこれ10年以上前、出雲に行った時、食べた米が美味しかったので、
どこの米ですかと店の人に聞いて、仁多米の存在を知りました。

仁多米の特徴は、食べるとずっしりとくる腹持ち感と甘味。

味わいが濃いというのが第一印象!

この仁多米をはじめ奥出雲の活性化に取り組んだ名物町長が
元奥出雲町長の岩田一郎さん。

仁多米ブランドの生みの親でもあります。

そのストーリーが書かれている本がこの本。

"奥出雲からの挑戦"~よみがえった過疎の町~

e0009772_21274498.jpg


興味のある方はぜひご一読をおススメします。

この本を読んでみて、感じたことは…

派手さはないけれど、地道にアイデアと行動力を実践されてきた経歴。

とても一地方の町長とは思えないくらいの発想力と行動力!

地方創生が政治テーマになっていますが、地方創生の言葉がない時代から
様々な実践をされてきたことは敬服に値する。

岩田町長のことはこの本にお任せすることにして、本題へ…

ブランド米 仁多米を日本食贔屓のアフリカのモロッコ国王 
ムハンマド六世が毎月お取り寄せされているということ。

しかも、在アメリカモロッコ領事館を通じて購入されているとか…

仁多米が日本⇒アメリカ⇒モロッコ、まるで地球一周。

それを聞きつけた奥出雲町長の動きも素早い!

早速モロッコ大使館を訪問し、親善交流につなげるスピード!

この内容も奥出雲町⇒島根県⇒政府へと

一瞬、順番が逆でしょ(苦笑)と思ったが、やる気があれば、地方でもできる!ということ。

これって、奥出雲の地域ブランド 仁多米が地球を一周して世界とつながる!というすごいこと!

一朝一夕でできることではなく、岩田町長が育んできた進取のDNA精神が結実したものではないかと拝察している(ペコリ)
by mitsuketai | 2015-06-03 21:28 | まちおこし