甲府銘菓 澤田屋 くろ玉

いや、蒸し暑い毎日です!

昔々、この時期に朝一番の飛行機で羽田に飛んで、朝10時の集会に臨んで、
お昼過ぎの特急あずさで、車内でサンドイッチをかぶりながら新宿から甲府へ…

甲府でいわゆる政界のドンと呼ばれた金丸さんが作ったといわれる
笛吹川の通称金丸橋を通って工場見学と打合せをして、また甲府から
身延線で富士市経由で静岡へ出て、夜の9時過ぎに新幹線で帰阪という
強行スケジュールを経験したことがあります。

当時もバテバテでしたが、手術を経験した今ではそんなことしたら命取りかもしれません(苦笑)

その頃から甲府名物、甲府銘菓といえば、桔梗信玄餅が有名で、
今回ご紹介する、澤田屋さんのくろ玉は存じ上げませんでした。

e0009772_21475736.jpg


このお菓子、実は昭和4年からある由緒ある歴史のお菓子です。

残念ながら、今回、とある方からいただくまでは存じ上げず…

その昔々は強行日程で、蒸し暑く、バテバテだったので、こんなに
おいしい銘菓に気づかなかったのかもしれません

改めて、甲府銘菓のくろ玉をご紹介!

e0009772_21483831.jpg


えんどう豆を練りつぶし、うぐいす色のあん玉にしたものを羊羹でつつんだもの。

e0009772_21491275.jpg


黒い褐色の弾丸みたいな外観と中身のうぐいすあんのコントラスト

色彩的にもびっくり感がありますが、味わい的にも構えて食べると
ほっこり感を感じさせてくれるギャップ感が面白い。

たとえはよくないかもしれないが、人間でも顔は強面(こわもて)でも
心優しいという方もいらっしゃるのと同じかなあ(苦笑)

まあ、それはさておき、冷やして食べると、これまたおいしいのです(ペコリ)
by mitsuketai | 2015-06-19 21:49 | おすすめスイーツ