うなぎの旬はいつ?

先月の話でまことに恐縮ですが…

今年も7月の土用の丑の日は猫も杓子も、マスコミも鰻一色でした!

もちろんご多聞にもれず、私もその手に乗っちゃいましたが…(笑)

地元、高槻の芥川商店街の魚政さんは鰻を焼く煙に長蛇の行列でした。

ところで素朴な疑問ですが、鰻の一番おいしい時期って夏なんでしょうか?

どうやら鰻のおいしい時期、いわゆる旬は冬だそうです。

こちらの記事によると… 

鰻は寒い時期を乗り越えようと脂をたくさん蓄えるため、
冬にさばくと手がつやつやになるほど脂がのっていて、
身もやわらかくおいしいというのがその理由だそうです。

まあ、これは天然の鰻に言えることで、大半を占める養殖鰻は
夏の土用の丑の日に合わせて調整されているとも聞きますが…

ところで、土用の丑に鰻を食べる習慣は諸説あるものの、
江戸時代の鬼才 平賀源内が夏場に消費の落ちる鰻屋の
親父に懇願されて知恵を絞ったという話が有力。

ところで、平賀源内の行ったこととは…

鰻屋の店頭に『本日、土用の丑の日』という貼り紙をしただけ!

ポイントは鰻が土用の丑の日にいい!なんてひと言も言っていないこと!

土用には精のつくものを食べたら身体にいい!

丑の日には“う”のつくものを食べたらいい!

こういう2つの言い伝えを『本日、土用の丑の日』という
キャッチコピーから連想させただけなのです。

ワンフレーズ!でその気にさせる…

これはもっともあこがれる才能ですね(ペコリ)
by mitsuketai | 2015-08-19 20:41 | 催事記