武雄感動物語その4 川古の大楠

武雄市には、川古(全国巨木第5位)、武雄(全国巨木第7位)、
塚崎(全国第53位)
と3つの大きい楠があります。

その中でも、とりわけ立派なのが、川古の大楠です。
この大楠は根回り33m、高さ25m、幹回り21m、
枝張りは東西南北27m、樹齢3,000年で国の天然記念物に
指定されているとのこと。
e0009772_23382394.jpg

この川古の大楠の周りは公園が整備され、ゆっくり回る水車は
何ともいえない、のんびりとした風情があります。
e0009772_23405671.jpg

樹齢3,000年といえば、西暦よりも古く、中国4,000年の
歴史よりは若いといえます(当たり前のような表現、すいません…ペコリ)
e0009772_23394386.jpg

何よりもすごいのは、屋久杉のように山奥深いところではなく、
平地の集落の中に鎮座おわしますこと。
3,000年も息づいているその雄大さを拝むだけでも、
何かパワーをもらえそうな気がします。

そして、この巨木を地域住民が大切に守り抜こうという心意気!
これはなかなかできることではありません。

実は、ここの茶店のだんごが美味しいという評判は聞いていて
楽しみにしていたのですが、なんと売り切れ…とほほ
e0009772_23415229.jpg

ちなみに毎朝、午前2時ごろから地元のおばさんたちが
作られるだんごは昼過ぎには売り切れだそうです。

今度は、だんごを食べながら、ゆっくりと川古の大楠を
眺めてみたいと思っています。
by mitsuketai | 2006-02-27 23:34 | 武雄感動物語