WBCから学ぶこと!自分を信じて、あきらめないこと!

今日は、日本国中の大半の人々がワールドベースボールクラシック(WBC)の
準決勝、日韓戦に釘付けになったと思います。
e0009772_20104899.jpg

(毎日新聞のニュースより画像拝借しました。)

何せ、2回も同一相手に僅差で負けていて、地獄に仏を見たような
状態で、リベンジのチャンスをいただいたので、なおさらです。

このあいだの敗戦で、世界の王さんさえあきらめかけた中での
チャンス到来!誰がこのような展開を予想できたでしょうか?

そして前半の息詰まる投手戦からスタメンを外れていた福留選手の
先制2ラン、そしてその後、裏方に徹していた宮本選手のタイムリー
ずっとチームを引っ張って来たイチローのタイムリー
e0009772_20111622.jpg

(YAHOOニュースの画像を拝借しました。)

王さんの選手起用の采配もスゴイが、自分を信じてあきらめず
成果を出した選手もこれまたスゴイ!

『運も実力のうち』という言葉もありますが、この運を引き込むのは
やはり、どれだけ自分を信じて、あきらめない気持ちが高かったのか
その度合いの大きさによると思います。

最終的には何事も自分の能力の範囲しかできないのは事実です。
ところが、自分の能力を100%出しきれないことが多いのも現実です。

日々精進努力して準備し、自分の能力を100%本番で出しきること!
それが、相手の気力や実力の具合を上回ることになると思います。

先日の名古屋国際女子マラソンの弘山選手しかり!
いったんかなりのリードを許しながら、自分を信じて最後まで
あきらめなかった結果、最後は優勝というご褒美!
e0009772_20205541.jpg

(YAHOOニュースの画像を拝借しました。)

今の教育に欠けているのは、こういう自分を信じて、あきらめない粘り!
そのために日々勤勉に努力することの大切さを教えていないことだと
思います。

こういう生きた教訓、時にはそうした人々を講演に招くとともに
勤勉、努力の大切さを教える教材を作り、授業をすることも大切では
ないかと思います。

この中には、必ず思いやり、感謝の心も出てくると思うので、
旧来の道徳教育に代わる、現在版の人間教育につながる思うのですが…

おいしいもの見つけ隊どっとこむ
by mitsuketai | 2006-03-19 20:06 | その他