ヒットの予感その2 野の葡萄となな菜!

今回はヒットの予感シリーズ その2のタイトルは
『野の葡萄となな菜!』です。

『野の葡萄』と聞いて、福岡の『ぶどうの樹』のことを
思い浮かべる方はなかなかの達人です。

今回は天神イムズでこの『野の葡萄』と出会いました。
e0009772_21514933.jpg

『野の葡萄』のコンセプト、案内はホームページから
引用すると下記の通りです。

「健康は食から」をコンセプトに、地域の方々の協力のもと安全・安心な素材を
追求し、 出来る限り安全においしく調理したお惣菜料理が、80~100種類
ビュッフェ形式でお楽しみ頂けます 。

もちろん、お料理はいつ行っても同じという訳ではなく、地元の旬の食材を
テーマに一ヵ月半に一回のメニュー換え (作り手さんを交えて行 います)を経て、
季節の食材を使った新しい料理に入れ替わっていきます。

和を中心にしたお惣菜料理、自家製のソーセージ、天然酵母のパン、お野菜
たっぷり天然出汁のお味噌汁、岡垣町の美味しいご飯など、 お好きなものを
お好きなだけ、ゆっくりとお召し上がり頂けます。

e0009772_21542448.jpg

野菜を中心に、地産地消で、ふだんのおかずとなる惣菜を中心とした
バイキングレストランです!
e0009772_21532093.jpg

これを聞いて、これまたピンと来る方は、この隊長日記の熱烈なファン(苦笑)

そうなんです!武雄市山内の地産地消レストランの『なな菜』
よく似ているのです。
e0009772_21565465.jpg

『野のぶどう』は最近では東京や大阪の堺のショッピングセンターにも
一部進出したところです!

このコンセプトショップは九州から発信した業態でどこも満員!

でも、よく考えてみて下さい!このメニューから感じることはありませんか?
これは、ひと昔前のお母さん方が家族のことを思って、日々考え、
作ってきた献立なのです。NHKのきょうの料理で、土井勝先生たちが
教えてきた料理なのです。

人々はここにやすらぎを求めているのです。これは知らず知らずのうちに
日本人のDNAが求めているのだと思います。
(大分 豊後高田昭和の町も同じです。)

この業態も九州発で、全国展開していくヒットの予感がしています。

確かに東京で展開すると爆発的なヒットになるかもしれませんが、
その種はこれまた九州なのです。不思議ですね!

次回は、この『ぶどうの樹』や『なな菜』が生まれてきた土壌は何かに
ついて、少しお話しをしたいと思っています。
by mitsuketai | 2006-04-09 21:50 | ヒットの予感