輸出みかんのシェアNO.1はどの県?

皆さん、いきなりクイズからはじめます!
温州みかんの輸出シェアNO.1の県はどこでしょう?
e0009772_22444552.jpg

ちなみに、みかんの栽培農家の数は農林水産省の
グラフと絵で見る食料・農業によると下記のとおりです。
e0009772_20254562.gif

このデータを見る限り、愛媛、和歌山、静岡のいわゆる
御三家のいずれかが普通だと思いますよね!
実は、正解はここで一番生産農家の数が少ない佐賀県なのです。
その解説はこれから説明していきます。
では、まずは下記の円グラフをご覧下さい!
e0009772_20311268.gif

この極早生みかん、早生みかんの生産がどの地方が多いかが
キーポイントなのです!
しかも、その出荷の大半がカナダであることもびっくりします。
e0009772_20455711.gif

その理由は、カナダ、とくに西部でクリスマスにみかんを食べる習慣が
あり、船便を考えると10月出荷となり、どうしても極早生や早生みかんが
10月初旬に出荷できる佐賀をはじめ、九州産のみかんが重宝されるのです。

実際、カナダ向けの出荷、すなわち輸出みかんの出荷の大半は
博多港からであることは、輸出統計が物語っています。

最近では、韓国の済州(チェジュ)島産のみかんも輸出攻勢をかけて
いますが、やはり時期的に見て、佐賀をはじめとする九州には勝てないのです。

これは、カナダがいつ、温州みかんが欲しいのかを徹底的にマーケット
リサーチをして、自分達の持つ強みを如何なく、発揮した結果です。

自分の強みが何かを見極め、それを最大限生かすことによって
マーケットが開ける好例だと思います。
by mitsuketai | 2006-06-10 20:30 | ビジネス