隊長の音楽趣味は種々雑多?

いつも、食関連の話題ばかりですので、今日は隊長の
『訳のわからん音楽趣味』の一端についてお話しをします。

基本的に何事も動物的カンを頼りに生きている
隊長ですので、食べ物同様、何かのはずみで
好きになったものを深く追求するクセがあります。

分かりやすく言えば、熱し易く、冷め易いとも言えます(苦笑)

ブログ仲間の皆さんは音楽に造詣の深い方ばかりですので
隊長の支離滅裂な音楽趣味の一端をご披露すると非難が
ありそうですが、ここは個人的な感想として気に入っている
アーティストをご紹介!どうかお許しを…
e0009772_16542894.jpg

ルーマニア出身のジャズ・ピアニストであるオイゲン・キケロ
初めて聴いたのが今から約25年前!ジャズとクラッシクを
これほどうまく融合させた人はいないと思っています。

耳ざわりのいい旋律にジャズの軽快さが織り込まれ、
非常に心地よさを感じます。

個人的には、ジャズピアノはオイゲン・キケロと思うほど!

次に、なぜか落ち込んだ時に聴くのが(苦笑)
ボズ・スキャッグスのWe're All Alone!
e0009772_16545164.jpg

不思議だがこの曲を聴くと、心の底にたまっている
いやなものが吐き出されると同時に心の中が
きれいになるような気がします。

そして、たぶん昨年の高槻ケーブルテレビの
高槻JAZZストリートスタッフ募集番宣のバックで流れていたと
思うのが、ブロードウェイミュージカル『ガイズ&ドールズ』の
I've Never Been in Love Beforeのジャズ版!
e0009772_16562690.jpg

これはエディ・コスタのヴァイブスが有名ですが、
自分が好きな曲だけに、番宣のバック用にうまく
アレンジされているなあ!と結構気に入っていました。

結局、本日ご紹介させていただいたのを振り返ってみるとジャズピアニスト系あり、
バラードありで、予想通り支離滅裂…(苦笑)

なんだこれ!とお叱りを受けそうですので、今日はこのあたりで(ペコリ)
by mitsuketai | 2006-07-05 20:58