ミルクが先か、紅茶が先か?…そして、さ・し・す・せ・そ!

皆さんはミルクティーを飲む時に、大半の方は、紅茶にミルクを
注ぎますよね!これが普通だと思います。
e0009772_21184398.jpg

でも、反対に先にティーカップにミルクを入れてから、あったかい
ポットティーを注ぐと、どうなるか?こんなこと実験されたことは
ありますか?

普段、当たり前に思っていることでも、おや?と思うことが
あります。

今回、隊長はダージリン紅茶で、実際に実験してみました(笑)
紅茶にミルクを入れた場合と、先にミルクを入れて紅茶を後で
入れた場合、実際に味が違います。
e0009772_21193273.jpg

私が美味しいと思ったのは、紅茶にミルクを入れた場合でした。
前者と後者、原材料は同じでも味は違うのです!

良し悪しは別として、こういう実験をしてみると、意外な発見が
できます。

しかも、どちらがいいかは個人の嗜好の問題があり、一概には
言えませんが、それぞれをどう評価する。なぜ違ったのかを
考えてみる、こういう考えることって、知的好奇心をくすぐるような…

調味料についても、入れる順番として、さ・し・す・せ・そ!ということが
よく言われます。
※さ(砂糖)・し(塩)・す(酢)・せ(醤油)・そ(味噌)

そんなこと言われなくても分かっている!教えや定義としては覚えて
いても、なぜそうなるのかを理解されておられる方は意外に少ない
場合があります。

この順序を間違えて、煮物などの調理をすると、味が違ってきます。
e0009772_21215036.jpg

実験することはお勧めできませんが、少なくとも、なぜそうなるのか
お子さんにご家庭でお教えになられることも立派な食育です。

夏休みの自由研究でお困りのご父兄の方は、お子さんとご一緒に
身近な食の科学を課題にしてみてはいかがでしょうか?
by mitsuketai | 2006-07-25 20:56 | 食育&地産地消