御食国(みけつくに)小浜市の素晴らしい食育!

今日は大阪の森之宮ピロティーホールへ
栄養士のための夏季技術研修会に行ってきました!
(元来は栄養士のための講義なんですが、栄養士でない隊長も
無理をお願いして、参加させていただいてきました)

今回の目的は、食育先進都市である小浜市役所 食のまちづくり課
政策専門員(食育)主査の中田 典子さんの講演をお伺いすることでした。
e0009772_0355867.gif

タイトルにある御食国(みけつくに)ってご存知ですか?
説明はこちらに譲りますが、今日の中田さんの講演で
小浜市の食育の取り組みをお伺いして感動しました!

3日前もこのように日経新聞夕刊に記事が掲載されていましたが、
記事では伝わらない、興味深いことを色々とお伺いしました。
e0009772_023471.jpg

内容についてはあまりにも幅広く、奥行きも深いので、これから
何回かに分けてお話ししますが、いくつか印象に残ったことを
お話しします。

まず、この小浜市、食育が騒がれる前の平成13年に食の町づくり条例を
制定し、食を中核にしたまちづくりを進めてこられています。

すごいと思ったのが、ここの村上市長の発想!

失敗したまちづくりが外から色々持ってきたことに対して、
成功しているまちづくりはそこにあるものに光を与えて生かしていく発想に
徹していた、だから小浜市も御食国として育んできた食を生かした
まちづくりをしようとお考えになったそうです。
e0009772_0361892.gif

『無いものねだりは止めて、今あるものに光をあてて、生かそう!』
これって案外大切なことだし、隊長もそのお考えに共鳴しています。

何だか『できない理由ではなくできることを…』とあるお方のお言葉を
思い出しました!

そこから様々なアイデアを形に変えていったのですが、代表的なものは
キッズキッチンの発想!これも長くなるので、改めて説明します。
今日はココを見ていて下さい!

子供が変われば大人も変わる。大人が変われば家庭が変わる。
家庭が変われば社会が変わる。これが小浜の食育効果だそうです。

常識とはまったく逆の発想!そういう観点からも一番大事な幼児期に
食材を調理させる過程で、命の大切さ、感謝の気持ち、しつけまで
教えてしまうすごい仕組みです。それが家庭、地域社会に波及効果を
もたらすそうです!

また乳幼児から高齢者まで、栽培、料理、共食という3つのキーワードで
食を中核にてあらゆるまちづくりに絡めているところがほんとすごい!
本当に細かいところまで工夫がなされて、びっくり!

講演のあと、しっかり中田主査にご挨拶をしてきました。
ご自身は自分ひとりではできません…なんと謙虚な方でしょう!

この小浜市には食育専用キッチンのある食文化館もあります。
できりかぎり早いうちに機会を作って、現場を見に行くのが楽しみです。

画像は一部、小浜市役所のサイトより借用させていただきました!
実を申し上げると、デジカメを充電したまま忘れてしまいました…とほほ!
by mitsuketai | 2006-08-03 23:36 | 食育&地産地消