有機JASって一体なに?

今日は、少し堅いテーマをば…

皆さん、最近スーパーの食品や野菜などで
有機JASマークのついた商品をご覧になることが
あると思います。
e0009772_013799.gif


オーガニックや有機という用語を食品ラベルなどに用いる場合は
有機農産物のJAS規格に沿った生産が行われていることを、
農林水産省が認めた登録認定機関による個別の認定が必要となります。

でも、案外、この有機JASの認定には、結構、費用と手間がかかります。

無論、栽培記録や有機栽培でない生産物の混入を防止するといった
厳格な管理は必要です。

しかしながら、一般の農家などの生産者が有機JASを取得する
費用を負担することも大変ですし、専属のスタッフを持つことも
できないのが普通です。

実際に、農薬は使用せず、化学肥料を使わず、真面目に栽培を
されておられる生産者や農家の方もいらっしゃいます。

一方で、有機JASの加工食品では、5%以内の原料は有機栽培
原料でなくてもよいという規定もあります。

また、アメリカのUSDAの基準を満たしていても、最終的に有機JASの
認定を受ける際には、USDAの基準にプラスして、3つの物質の禁止を
さらに掲げています。

もちろん県の認定による
エコファーマー
制度や特別栽培農産物の制度もありますが、
真剣に 農薬は使用せず、化学肥料を使わず、真面目に栽培をされて
おられる生産者や農家の方をもう少し、ハードルを下げて、
応援する仕組みがほしいものです。

by mitsuketai | 2005-08-06 00:49 | 食育&地産地消