大江山の笑鬼もなか!

大江山と鬼の話って聞いたことがありませんか?

大江山は京都北部丹後半島の付け根に位置し、福知山市や
宮津市にまたがる山で、酒呑童子という鬼の伝説があります。

ちなみに、隊長の地元、高槻市の隣にある茨木市の
茨木は酒呑童子の家来、茨木童子に由来しています。
(一説には、茨木童子は酒呑童子の子供という説もあり)

怖いお話はここまでで、今日はその大江山の鬼伝説に
ちなんだ美味しい最中のお話!

それが京都府加佐郡大江町 新治製菓舗の丹波勝栗もなか 笑鬼
e0009772_2050879.jpg

以前、メルマガでも紹介させていただきましたが、ご近所の方が
帰省した際にお土産としていただきます。

というより、いつも厚かましく、土産を指名している感じが正解(苦笑)

大江山の鬼さんは怖いですが、笑う鬼、笑鬼になると美味しい最中に変身!
e0009772_20513966.jpg

皮は香ばしく、中の粒あんはしっとり、刻み栗も美味しさのアクセント!

おススメの最中の詳しい情報はここをクリックしてご覧下さい!
by mitsuketai | 2007-01-15 20:52 | おすすめスイーツ