予感的中!発掘あるある大辞典の納豆問題!

昨日のブログでこんなことを書いていました!

納豆がブームでメーカーが品切れ状態になっていますが、
これも一時のブームで、ブームが去れば、よっぽど気を
つけないと、原料在庫の山になり、賞味期限切れが発生します。


問題が起これば途端に坂道を転がるように大変なことに
なるなあ…と何かイヤな予感をしながら書いていました!

とブログを更新して1時間もしないうちに、今回の捏造事件発覚!

関係者の方々の心中を察すると心が痛みます!
e0009772_17305079.jpg

フードファディズム(食の流行かぶれ)という言葉があります。

テレビの健康番組が放映された翌日にテーマで取り上げられた食材が
スーパーの棚からなくなることがあります。

今回の情報も事前に納豆メーカーや流通サイドに情報が漏れ、
商業主義に走っていたところもあります。

誤った情報に皆が一斉に右に倣え!の行動パターンは怖い!

では、どの情報を信じればいいのか!キーワードを紹介すると

①ヒトを対象とした疫学研究に基づいているか。
②定評のある医学専門誌に掲載されたものであるのか。
③長年にわたり、多くの被験者を対象に、追跡した研究であるのか。
④複数の研究で支持されているのか。

これらの要件を満たしてはじめて信頼性が高いといえます。
今、隊長が受けている講義では、繰り返しこの教えを受けています。

単なる論文や学会の発表の段階では、信頼性は十分とはいえません。

この本『食べ物とがん予防―健康情報をどう読むか 』
そういう意味では参考になります。
e0009772_17362916.jpg

我々市民も情報に対する選択眼を養うとともに、メディア側にも
こういう観点に則って、きちんと検証された形で発信をしてもらうことを
願ってやみません!
by mitsuketai | 2007-01-21 17:38 | 社会問題