初公開!リンゴ・コンポートの作り方

今朝、古くからの知人に、リンゴを届けていただきました。

長野県北部、豊野の農家の方の所で冷蔵貯蔵されていたものです!
e0009772_180157.jpg
 
生でいただくのは、もちろんですが、最近、リンゴ・コンポートを作ります。

これが結構、ご近所でも評判で、地元でリンゴを熟知された方にも
紹介させていただくと喜んで御礼の電話もいただくほど…(ペコリ)

大したレシピではありませんが、手軽にできるので、この場を
お借りして、公開させていただくことにします。

ご用意していただくのは、リンゴ2個、レモン1個、グラニュー糖適量
そしてホーローのお鍋、たったこれだけです。

①まず、リンゴをイチョウ型に小さく切ります。
②ホーロー鍋に1段づつ敷き詰め、粉雪のように
  グラニュー糖をふりかけ、その上にレモンを絞って
  満遍なくかけます。
e0009772_1812432.jpg

e0009772_1822062.jpg

③この作業を3段くらい繰り返しあと、1時間ほど寝かせます。
④あとは弱火でコトコトと20分くらい、アクを取りながら煮詰めます。
⑤果肉が透明になってきたら出来上がりです。
e0009772_18517100.jpg

ポイントはグラニュー糖とレモン汁をふりかけて1時間寝かすこと!

昔、理科の授業で習った浸透圧の原理で、リンゴ果汁がご覧のように
じわっと出てきます。
e0009772_1831285.jpg

煮詰めるのに、水などを一切加える必要はありません。

と同時に、砂糖とレモン果汁が果肉に染み込むことにより、
酸化防止になって、煮詰めても色が茶色に褐変しません。
e0009772_1862820.jpg

ちょっとしたデザートやヨーグルトのトッピングにも最適!

なお、べジフルカルテ作成にお悩みの方の転用はご遠慮下さいね(笑)
by mitsuketai | 2007-02-12 18:07 | おいしい逸品