遺伝子組換え表示。

遺伝子組換え農作物や加工食品の表示って
案外分かっているようで、分かりづらい部分があります。

ここでは、その表示について、カンタンにおさらいを
してみたいと思います。

遺伝子組換えの表示については、
JAS法に基づく遺伝子組換え食品の義務表示が
2001年4月1日に導入されたことにより実施されています。

パターンに分けて考えると、下記の4通りになります。

①遺伝子組換え作物(食品)でないと確認できる場合
 ⇒『作物名』のみ記載、もしくは
  『作物名(遺伝子組換えではない)』と記載

 ※遺伝子組換えでない旨の表示は任意表示
 
e0009772_1635454.jpg

 実はココがポイントで、遺伝子組換えでない場合の
 表示は普通必要なく、あえて表示することも可能という考えなのです。

 したがって、何も表示がない場合は原則、遺伝子組換えではない!と言えます。

②遺伝子組換え作物(食品)であるかどうか確認できない場合 
⇒『遺伝子組換え不分別』である旨表示。


③遺伝子組換え作物(食品)であると確認できる場合 
⇒『遺伝子組換え』である旨表示


④現時点で遺伝子組換えのものが存在しない農産物
 (例えば米、麦)及びその食品については

⇒『遺伝子組換えでない』などの表示はできない。

 ココもポイントで、遺伝子組換えが存在しない作物や食品に関して、
 わざわざ、遺伝子組換えでない!という消費者を煽る表示もいけないのです。

e0009772_16424157.jpg


以上の4つのパターンから考えると、農産物の生産や食品の製造に携わる業者が
きちんとJAS法における規定を遵守していることを前提に考えると、それぞれの表示が
遺伝子組換え不分別の場合には遺伝子組換え原料の含まれている可能性があり、
遺伝子組換えの場合は、明らかに遺伝子組換え原料が使用されていることになります。


なお、遺伝子組換え食品に関する情報については厚生労働省ホームページの
遺伝子組換え食品Q&Aをご参照いただくと便利です!
by mitsuketai | 2007-03-12 20:52 | 食の安全&表示