またもお騒がせ!ボンバルディア

今日のニュースは何と言っても、全日空 ボンバルディアの胴体着陸。

36才の機長がきちんと教科書通りの緊急着陸を行い、
乗客乗員が無事だったのが何よりの救いで、機長の判断に拍手を送りたい!
e0009772_21363947.jpg

この機体は衝突防止装置のないYS-11に代わって、ジェット機の発着規制に
対応する形として、大阪と地方を結ぶ路線で使われています。

隊長も何回かボンバルディアに乗ったことはありますが、
導入当初はYS-11と比べると騒音は雲泥の差、速度も
小型ジェットと遜色もなく、窓からの視界もいいなあ…

その後トラブルで欠航や引き返しが続発!

何せ航空機は落ちれば致命傷、航空会社も
メーカーのボンバルディア社やカナダ政府にクレームを
付けているようだが、未だ有効な対策が講じられていない…

ここは不良品をつかまされているのだから、全ての機体を
返品して、損害賠償を求めてもいいのではないか…

少なくともボンバルディア社の社長は日本に飛んできて
お詫びするべきだと思います。

日本では少しでも問題があれば企業が叩かれるのに、
特に欧米系の企業にはコンプレックスがあるのかどうかは
分からないが、あまり強く主張していない面があるように思われます。

何せ一度事故が起こると、多くの人命が失われる!
そういうことにならないように、徹底した原因究明と対策を講じてほしい!
e0009772_21431724.jpg

騒音が少なく、スピードも速く、揺れも少ないといういい面を
生かすためにも、ボンバルディア社には再考をしてほしいと思います。

※上の画像はNHKのニュース画像を撮影、下の写真は全日空のホームページより借用
by mitsuketai | 2007-03-13 21:29 | 社会問題