MABROCの紅茶、ラバーズリープ!

昨日ご紹介させていただいたMABROCブランドの代表的な紅茶が
ラバーズリープ(Lovers Leap)
e0009772_0135997.jpg

ラバーズリープの意味は“恋人たちのときめき”

ロマンチックなネーミングにふさわしい、透き通った
紅茶のシャンパンといった味わいです。

この紅茶の茶園、ペドロ茶園は標高1,900m以上の
マハガストバレーにあり、かぐわしい香りのお茶が産出されるようです。

その昔、セイロン王朝最後のキャンディ王朝の王子が、身分の低い少女と
恋仲になり、やがて王の知れるところとなって、兵士に追われ、身を隠したと
言い伝えのある場所がこのマハガストバレー!

それ以来、恋人たちの隠れ家として有名になったとのお話し!

ブレンド紅茶やアッサムなどを飲み慣れている人にとってはパンチ不足で
少々物足りないかもしれませんが、口あたりもさわやかで、穢れ(けがれ)を
知らない、ピュアーな味わい、ほのかな甘味と上品な香りが楽しめます。
e0009772_0155048.jpg

MABROCには標高や茶園別に他に8品目ありますが、そこでふと感じたこと…

紅茶もワインのように、メルローやシャルドネといったようにそれぞれの個性を
それと合う食事やデザートと組み合わせていけば、もっと裾野が広がるのでは…
e0009772_0172725.jpg

日本茶にもいえることで、宇治や嬉野、玉露や雁がねといった分類ではなく、
もっとワインのようにその土地でできた品種の個性を打ち出していけば、
楽しみが増えて、消費拡大になると思います。

単なる日本茶ではなく、ワインのような個性の打ち出し方を提案すれば
海外への輸出促進にもつながるように思いますが、皆さんのお考えは…
by mitsuketai | 2007-03-23 23:52 | ヒットの予感