現代農業から農業の未来を考える!

月刊誌 現代農業という雑誌をご存知の方もおられると思います。

農業に関するあらゆる問題をある時は実践的に、ある時は哲学的に、
またある時は叙事詩のように、あらゆる角度から捉えています。

中身は専門的な部分もありますが、一市民として読んでいただくと、
我々市民にとって農業がいかに大切か、WTOFTAが自分達に
どう関わりをもってくるかが良く分かります。
e0009772_18131533.jpg

今、日豪両国でFTAの農業分野の交渉が大詰めを迎えていますが、
その交渉が市民にとってどのような影響を及ぼすのか、注目の話題!

皆さんには下記をクリックしていただいて、4月号の
『日豪FTA こんな協定が結ばれたらたいへんだ!』
内容(PDFファイル)を見ていただきたいと思います。

巧妙なからくりを鵜呑みにしてしまうと取り返しのつかないことに
なってしまう恐ろしさを感じます。
しかも日豪両国の農家を壊滅にしてしまうからくりが良く分かります。

では、どうすればいいのか?市民が団結して、農業と食料を守るべきだと思います。
e0009772_1911345.jpg

私は、今までの市場流通だけでは、もはや農家の活力を奪い、
耕作放棄地が増え、環境が悪化し、健康被害も出ると思います。

環境を守るためには、農産物の一部を生活者やレストランなどと結びつける
仕組みを作り、団塊の世代退職者の元気な活力を生かしてワーキングシェアし、
中間マージンをカットした分で、農業従事者にヤル気を与え、農業と食料と環境を
守ることが急務であると考えます。

手元に復刊60周年記念 現代農業ベストセレクト集があります。
この本を見ていただくと、戦後農業の流れと奮闘してきた農業者の
歴史が手に取るように、読みやすく、理解できるのでおススメです!
e0009772_18262020.jpg

山口県 JAくほくの定期&お米貯金で定期貯金とともに米の安定出荷と
利息をお米で支払って農業環境を守った話など、行政の方々も政策面で
応用できるアイデアが満載!
e0009772_1827842.jpg

田んぼのあぜ道にミントを植えるだけで、米の大敵、カメムシ対策ができる
コンパニオンプランツ(共栄作物)のアイデアなんかも一石二鳥!

レモングラスも害虫全般に対する防虫効果があるコンパニオンプランツ!

あの北の国からで有名な富良野の美しい原風景もあの手この手を使って
農薬に頼らない、農家に活力を与える対策を講じて農業を守らないと消滅します!
by mitsuketai | 2007-03-26 19:58 | 野菜のソムリエ