イライラ予報?

今日のテーマもまた意味深で申し訳ありません!(ペコリ)

その内容は一昨日の毎日新聞の配信記事にあります。

日本気象協会北海道支社が20日、21日午前から午後にかけての
短時間に気温が急上昇し、体調不良や気分が落ち着かないなどの
「気象病」が起こる可能性があるとして異例の気象情報を発表!

車の運転や夫婦げんかに注意するようにとか…

果たして、この予報がどれだけ夫婦円満に結びついたのだろうか…(苦笑)
e0009772_13514891.jpg

洗濯指数ビール指数があるのは知っていましたが、
気象に関するこのような注意情報は初めてです。
e0009772_1347399.jpg

統計的な処理が為されたデータかどうかは別として、事故を防ぐ観点から
こんな注意情報を出すことには一定の意味があると思います。

広島県の医師会ではこんな気象予報も…

事前に危険を回避する意味ではこういった情報を流して、少し注意して
いただくだけでも、かなりの経済的・非経済的損失をしなくて済むと思いませんか。

一般的には天気予報は当たらないとお叱りを受けますが、こういう危険情報は
予防的観点からは当たらない方が感謝されるかもしれません。

まさしくNO NEWS IS GOOD NEWS!
e0009772_13525255.jpg

そのうち、メタボリック症候群対策として、食べすぎ注意報や飲みすぎ注意報
なんて言った予報が出るかも…そうなったら大変だあ~(笑)
by mitsuketai | 2007-04-22 13:58 | サイエンス