吉祥寺スタイル!

今、吉祥寺スタイルという本が話題になっています。
e0009772_1285810.jpg

ネットで吉祥寺スタイルと検索していただければ、かなりの数の
コメントがヒットされるので見ていただければと思います。

住みやすい街NO.1にあげられる吉祥寺をキーワードで
コンパクトに分析して、なかなか読みやすい。

たとえば、歩いていて気持ちがいい歩安感

店は店、街は街といった隔絶感がなく、渾然一体としていて
座ったり、まったりできる空間があったり、異質なものが共存していたり…

高級スーパーで知られる三浦屋も、この吉祥寺では商店街の中に
あって一見普通のスーパーのように見えて、実際、中身の商品や
陳列は二子玉川あたりと遜色ない充実ぶり!

しかも、それがイヤ味でないところが吉祥寺の魅力。

角ばった角地をカットした二面開放型の角屋

ガラス張りの壁で店の中が見通せるスケベイ

店の中の作業が手に取るように見える手もの道

チェーン店以外に個人がそれぞれの店を開く私店経済
路地などにそういう店が出店できる好き間エコ路地カル
街に花屋の多い花苑都市といった駄ジャレ風のキーワードも
結構、的を得ていて分かりやすい。

実は、最近次々出来てくる大型ショッピングセンターの中にも
吉祥寺の街づくりノウハウを参考に取り入れているところも
多いと聞きます。

この本を読み進めていくと、ハコモノ依存の街づくりが
いかにココロが通っていないかを気付かされ、反対に
街全体の快適さ、しかも歩いて楽しむ街づくりの重要性の
大切さが改めて認識させられます。

札束で街を創るより、ココロの通ったアイデアを積み重ねよう!
もっとも、札束がなければ始まらないのも現実ですが…(笑)
by mitsuketai | 2007-05-04 12:36 | おススメ本