気配りができる!

最近の世の中、腹の立つことが多いですね!

ともかく気配りができない!人を傷つけることを平気で言う、
地域での役割分担を放棄する…

当たり前のことが、当たり前にできない!
どうすれば人に迷惑をかけない…そんなことができていないのが現実。

そんな中で、最近気配りができているなあという事例をお話しします。

その1:気配りのできる造園業者のイケメンお兄さん

昨年、大きくなりすぎた文旦のせん定をそのイケメンお兄さんにお願いしました。
実はどこに頼んだらいいのか、ネットでようやく探したのがその造園屋さん。
e0009772_19512884.jpg

メールを送ったらすぐ見積もりに来て、その仕事ぶりが鮮やかで
料金も至ってリーズナブル!おまけに礼儀が正しい好青年

ちょうど1年たった今日、その彼から、文旦や垣根の樹木のその後を
気遣う電話があり、色々アドバイスをもらいました。
e0009772_19523215.jpg

やりっぱなしじゃない気遣いと誠意、彼こそが本当の男前!

その2:前もって確認の電話をしてくれる訪問介護の介護士さん

うちの父親も要介護の認定がおり、訪問リハビリを始めています。

お世話になっている訪問リハビリ担当の看護士さん、その日の朝にきちんと
当日午後の訪問時間の確認の電話をいただきます。

これって、思い違いがあったりするコミュニケーション・トラブル回避の
有効な方法で、お互いにとって転ばぬ先の杖!

リハビリに立ちあってみると、患者の言うことに辛抱強く耳を傾け
心のリハビリも優しく対応されています。

到底、隊長にはできないなあと感心しきり(苦笑)
e0009772_195518.jpg

こんなことって当たり前じゃないか!でもこれがなかなかできていませんよね。

ちょっとした気配りの効いたコミュニケーション!

これを心がけるだけで、ハッピーな気分になれる感じがします。
by mitsuketai | 2007-05-19 19:58 | 教え