赤福餅と御福餅!

先日、赤福餅を取り上げたところ、御福餅もいいですよ!という
メールを読者の方からいただきました。

確かに調べてみると、赤福餅には赤福餅の良さが、
御福餅には御福餅の良さがあり、伊勢神宮のそばでは赤福、
二見の駅前では御福餅と競い合いをしているようです。
e0009772_1223353.jpg

しかも、地元でも赤福派と御福餅派がそれぞれいらっしゃるようです。

どちらがおいしいか?その質問は愚問なのでお答えはしません(苦笑)

比較して、どちらかに優劣をつけるのは、よほどの場合は別として
おかしいと思います。

どの商品にも良い所もあれば、ちょっとどうかなあ…と思うところも
併せ持っているからです。
e0009772_12184752.jpg

それよりも、どの部分がどうおいしかったのか
ソコが大事だと思います。

パッケージがよく似ているといわれますが、赤福の創業は1707年、
御福餅の創業は200有余年前と少し赤福餅の方が古いようですが、
商標登録は御福餅が大正12年、赤福が昭和29年と
これは御福餅の方がどうやら古いようです。

前回もお話しましたように、宣伝やプランディングの点で
赤福は有名ですが、味わいについてはそれぞれの特徴があり、
それぞれの好みだと思います。

ただし、あまりにもパッケージがよく似ているため、
御福餅を買いたい人が赤福餅を、赤福餅を買いたい人が
御福餅を買ってしまう場合があります。

そうするとそれぞれのお客様が不利益を被ってしまいます。

なぜ、当時の商標審査の際に、こうした類似のものを
認めてしまったのかなあと残念な気持ちになりますね!
by mitsuketai | 2007-06-06 12:24 | おすすめスイーツ