拙速を尊ぶ!早くボールを回せ!

隊長が大学時代の今は亡き恩師に教わった人生訓で
印象に残っている言葉が“拙速を尊ぶ”
e0009772_2237256.jpg

何か頼まれた時に、どう対応するか?

理想は完璧なアイデアをすぐさま実行すること!

よほど才能のある人間でないと、まず対応は無理…(苦笑)

では、どうするか?

完璧なアイデアが出るまで時間かけて待つか
それとも、まずはできるところから始めるか!

その答えが“拙速を尊ぶ”

別の言い方をすれば“走りながら考える!”
e0009772_22383045.jpg

隊長自身、この言葉には随分抵抗があった時代もありました。
中途半端な考えは逆に迷惑がかかるのでは…

ところがある時期を境にして考えが変わりました。

前へ進まないと先の方は見えない!

富士山も3合目で見る景色と5合目で見る景色は違うし、
5合目まで行くと頂上も見えてくる。

そして“拙速を尊ぶ”の最も重要な意味合いは
ともかくすばやく返事をする、ほったらかしにしない!ということ。

世の中の仕事の流れは、人ひとりでは済まないことが多い。

納期や期限が迫っていると、どこかでいいかげんな対応があると、
その周りの人が大変な苦労を強いられることになる。

ボールをずっと持つより、受け取ったボールをすばやく回す!
e0009772_22394470.jpg

ただ単に回すのではなく、一生懸命考えて、努力して回す!

そして、できるところから実行する。

“これが拙速を尊ぶ!”の本当の意味なんだなあ!と
ようやく最近になって分かってきたような気がします。

本当に稚拙なアイデアばかりですが(笑)、人から頼まれたことは
精一杯考え、精一杯回すことだけは心がけています。

ほったらかしにするよりはずっとマシですからね…(苦笑)
by mitsuketai | 2007-06-20 22:34 | 教え