豆腐にママレード!

豆腐にママレード!

とうとう隊長の舌も夏の暑さにやられたのか…(笑)

実際のところは本当に真面目な提案なのです。

もっとも豆腐も選択も重要で、間違えるとぜんぜんおいしくない!

豆腐は佐賀の有田地区では一般的な呉豆腐(ごとうふ)のような
しっかりした、ぷるんぷるんとした豆腐であれば理想です。

ここで呉豆腐(ごとうふ)について少し解説しますね。

『呉豆腐(ごどうふ)』は水に漬けた大豆を石うすでひいて圧力釜で沸騰
させたものを濾して豆乳をつくり、そこにでん粉を入れて、3時間ほど
練りこんで作る豆腐で、プリプリの食感と餅のような柔らかさが特徴です。


早い話、豆乳で作った甘くない、白いプリンみたいなもの!
e0009772_23473750.jpg

この呉豆腐(ごとうふ)は佐賀の東部では笹雪豆腐と呼ばれ、
画像は佐賀市の諸富食品さんの笹雪豆腐です!

スイーツのように甘くない分、大豆のまったりした豆本来の甘味に、
ほんのり酸味の効いたママレードがこれまたしっくり合うのです。
e0009772_23482153.jpg

豆腐本来に欠けているのは酸味のある旨さなのです。

だからスダチをかけるとおいしいし、ゆず豆腐みたいな酸味と
香りが加わると、豆腐本来の味わいもグンとアップします。

豆腐はかつおぶしにネギにしょうが醤油もいいけれど、
少し視点を変えると、口あたりのいいデザートにもなります。

酸味と甘味のママレードが豆腐を変身させてくれますよ(笑)
by mitsuketai | 2007-06-27 23:27 | おいしい逸品