賞味期限の表示がない?

最近、ミートホープ社の牛肉偽装表示で食の安全・安心が
損なわれています。

こればかりは食品の表示をいくら注意してみていても、
肝心の原材料名の中身が分からないところで偽装されているので
一般の生活者には見抜くことはできません。

そうなると食品表示をきちんと見ていても無駄なのか?

結論は無駄ではなく、食品の偽装を防止するためには
生活者がもっと食品表示に関心を持つことだと思います。

“このごろの生活者はなかなか手ごわいぞ!”

悪質なメーカーの、特に経営者にプレッシャーをかけることなのです。

そして正当な食品を作っているメーカーを応援することなのです!

そんな観点から、食品の表示について知っておきたいことを
このブログでも取り上げていくことにします。

今回は賞味期限の表示が省略できる加工食品について

一般的な加工食品の場合、原則として名称(または品名)、原材料名、
内容量、賞味期限、保存方法、製造業者(または販売者)の
表示が必要になります。

ところが皆さんの身の回りの加工食品で、パッケージに
賞味期限表示のないものってありませんか?

案外、こんなもの賞味期限が記載されていなんだ!と
お気付きになると思います。

砂糖…これは賞味期限が記載されていません。
e0009772_18492515.jpg

食塩、うまみ調味料(商品名で言えば味の素)…

チューインガムやアイスクリーム類、でん粉も…

ココがポイントなんですが、原則はあくまで表示しなければなりませんが、
これらの食品はJAS法によって賞味期限を省略できることになっています。
(JAS法 加工食品品質表示基準 第3条7に規定があります)

あくまで原則があって、正当な理由がある場合は省略できる。
これが食品表示のきまりに対する考え方なのです。

その省略できる理由とは、品質の変化が極めて少ない食品だから!

もっとも賞味期限の省略が許されていても10年前の砂糖なんて
年代モノのワインじゃあるまいし… (苦笑)

ここからは食品は必要なものを妥当な期間で消費するという
常識的な判断が必要なのですが…

この自分で自分の食べる食品の安全を判断する!
実はコレも立派な食育の一環なんです。

身近な食品の表示から学ぶことも始めてみませんか?
by mitsuketai | 2007-06-28 20:28 | 食の安全&表示