ラジオ体操とスタンプ!

小学生の頃、夏休みになると朝から地区ごとに
広場に集まってラジオ体操をしていたものです。
e0009772_004280.jpg

6年生の自分は集団登校の班長でしたので
ラジオ体操の出席のスタンプを押す特権?を有していました。

もちろん、厳格な班長(笑)でしたので、キチンと出席した児童にしか
スタンプを押印しませんでした。本当に不正は一切ございません(苦笑)

スタンプが完全に押印されていると、鉛筆か何かの賞品をもらったと思います。

スタンプが押印されていると、達成感があり、鉛筆の1本でももらえれば
うれしかったものです。

このスタンプ、一見何もないように思いますが、実は意味があるのです。

出席するごとにスタンプを押す、そこで小さな達成感が生まれると同時に、
その達成感によって行動する意欲が湧き、その結果が鉛筆というほうびに
つながります。小さいことだけれど、行動と達成感とほうびが見事に一体化!

パブロフの実験でもお分かりのように、これも動機付けの方法ですよね。

ポイントはラジオ体操出席という誰でも達成可能な課題に対する動機付け。
e0009772_023217.jpg

そこで提案なのですが、食育にこの考えを応用してみてはと思うのです。

●箸をきちんと持つことができた。●ご飯を一粒も残さなかった。
●苦手な野菜が食べられるようになった…

誰でもチャレンジできて、達成可能な項目をあげて、その項目を
達成したら、ごほうびのスタンプを押印してあげる。
スタンプがいっぱいになったらお菓子をあげる。

これを3歳くらいから始めると、かなり効果があるような気がしますが、
皆さんのお考えはいかがですか?

食育も難しいことやいきなり理想を掲げるのではなく、
やさしいところから、楽しみながら進める、そんな工夫があってもいいのでは…

小さな目標をひとつひとつ達成しながら…千里の道もまずは一歩から!
by mitsuketai | 2007-07-03 23:58