手数のかかる親父!

身内ごとのタイトルですいません(苦笑)
e0009772_23495630.jpg

かかりつけの先生が運営されておられる有床の介護施設に
リハビリと入浴を兼ねて、うちの父親をお世話してもらっていました。

もちろん、私も時間を作ってはほぼ毎日面会と洗濯の取替えに…

今週の日曜日、洗濯ものを届けに、面会に行くと、騒々しいじゃありませんか?

なんと、腸から下血して、周囲は真っ赤!

かかりつけの先生も休日返上で応急処置、その上で
地域でも1、2位を争う総合病院へ搬送、即入院。

抗生剤の治療と内視鏡による検査を経て、
本日、内視鏡による検査を兼ねた止血処理!

本人の痛いという悲痛な叫びと延々3時間の検査。

検査入る前も、終わった後も自己主張のオンパレード!

家庭では散々ワンマンで通してきた人間だけに、未だに自分中心!

一方で、今回の処置をして下さった、美人の先生は
開口一番『よくがんばっていただきましたよ!』とにこやかに…

今日は、もっと周囲に感謝の気持ちを持ちなさいと説教してきました。

だって今回の件は、周囲の多くの皆さんのおかげで事なきを得たのですから

不肖の親父を持つ息子の立場はつらい…(苦笑)

気丈なうちの母親もこの勝手な親父の一件で心労がたたりとうとうダウン!
先ほども点滴を打ちに連れて行って帰ってきたばかり。
e0009772_2351788.jpg

つくづく感じたことは、3歳くらいまでに、“ありがとう”と
素直に感謝できるしつけが必要だなあ…

79歳にもなると、絶対治りません!
介護を受けたいと思うなら、かわいくならないと無理ですよ!
介護予備軍の方々は十分に気をつけて下さいね…(笑)
by mitsuketai | 2007-07-04 23:55