あっぱれ!広陵

こんな記事があったので、今日も高校野球のネタを書きます。

あちこちで佐賀北に対する祝福の嵐ですが、広陵ナインもあそこまで
佐賀北を追い詰めたのだから、あっぱれ!をあげたいと思います。
e0009772_23123683.jpg

勝負は時の運!
まずは好ゲームを見せてくれた両校ナインにありがとう!と言いたい。

広陵の中井監督のコメントについては少し残念な部分もありますが
気持ちの部分で分からなくもないところもあります。

ご自身の体調がすぐれないのとおそらく引き際を大会前から考えておられたところに
生徒に何もしてやれない“もどかしさ”などが複雑に絡んで出たコメントと推察しています。

あの押し出しのストライク・ボールの判定は見ていましたが、
正直どちらにも取れる、いやストライクの方にやや分があったようにも思います。

反対に、佐賀北のセカンドでの盗塁刺殺の際に、広陵の守備妨害と
思われるプレーにお咎めがなかったり、同様な判定もありました。

要するに昨日もお話ししたように、これも流れの問題なのです。

審判も人の子ですから、判定も流れに多少は影響を受けると思うのです。

いやな流れに流されるのか、それとも踏みとどまって流れを引き戻すか!

その流れを佐賀北に引き寄せた副島選手の信念が若干 広陵の
野村投手の気持ちを上回っただけで、ほんの紙一重の差!

だから、広陵ナインにも胸を張ってもらいたいし、周囲も拍手を送ってほしい!

今回の監督のコメントもことさらストライク・ボールの判定だけがクローズアップ
されているように思います。

マスコミや高野連も問題を大きくしたり、権威を押し付けるだけが能ではなく、
さすが!あっぱれ!と思われる対応をしてほしいと思うのは私だけなのかなあ!

※画像はasahi.comの高校野球フォトギャラリーから借用しています。
by mitsuketai | 2007-08-23 21:20 | 社会問題