川野太郎さん絶賛の生ハム!

今朝、土井ハム製造所土井奥さんとメールの
やりとりをしていたら、こんなニュースが…

今日は昨日週間文春のおとりよせで
川野太郎さんのおとりよせという記事が出て
朝から電話のなりっぱなし。


早速、週刊文春を買いに行きました(笑)
e0009772_22223150.jpg

巻末にカラーで1ページ!土井さんのラックスハム(生ハム)が…
(※内容は週刊文春をお買い求めの上、ご覧下さい!)

しかも、あの料理バンザイの番組で“おいしいもの”を知り尽くした
川野太郎さんが絶賛しておられます!

これだけのスペース、実際に広告代理店にお願いするとしたら、
相当高い広告費の請求がきます(苦笑)

やったね!土井奥さん!自分のことのようにうれしいです!

さて、ここからが今日のブログの大事なポイントです!

土井さんは、素材を徹底的に生かす商品作りをコツコツと
長年にわたって積み上げてこられました!
e0009772_22325740.jpg

まずは、徹底した商品作りが最初にあるべきなんです!

土井さんの場合は、商品が素晴らしいのに、イマイチ
その良さがなかなか伝わっていませんでした。

お会いする度に、情報発信、情報発信と言い続けてきました(笑)

実際に食べていただくところまで辿りつかないと、
お話しにはなりませんから…

土井さんはホームページも日々改良され、メルマガや
ブログもコツコツと配信されてこられました。

インターネットで配信したり、百貨店の催事を
コツコツこなしていると、本物を分かる誰かが気づきます。

最初は小さな一歩かもしれませんが、次から次へと
伝播のネットワークが出来てきます。

そして、ある日突然、今回の川野さんの出会いと
週刊文春での爆発的伝播につながります。
e0009772_13532374.jpg

ところが、大事なことは最初にお話しした商品作りなのです。

まず、おいしい、いい商品でないと、記事にはなりません。
それ以上に、雑誌や新聞の記事を見た人が感動しません。

記事を見て、感動した人がリピーターになって、
親しい知人、友人に推薦していきます。

ここでようやく、お客様は顧客になるのです。

今、いくつかのメーカーさんから販売方法も含めた商品開発に
力を貸してほしいという依頼を受けています。

そこでは、原点に立ち返って、いい意味も含めて商品の見直し、
再発見に相当数の時間を割いて、お話しをしています。

じっくり時間をかけますから、対応させていただけるクライアントも限られます(ペコリ)

少々、まどろっこしいかもしれませんが(笑)大事な部分なので
しっかり議論をしながら、発見していただく過程を大事にしています!

いくらかっこいい販売方法や情報発信、マスコミによる紹介があっても
販売する商品に価値がないと、“骨折り損のくたびれもうけ”どころか
逆にイメージダウンにつながっていきます!

世の中には、土井さんのように、素晴らしい製品をお持ちでありながら、
その良さがなかなか伝わっていないために、ふさわしい評価に
恵まれていないところがたくさんあると思います。
e0009772_22343334.jpg

コツコツと培ってきたことは、視点と方法を考えると、きっと爆発します!

これが今日、最もお伝えしたかったことです!

ご意見のメールはこちらまで!

サクサクとホームページを作りたいと思ったら…ココをクリック!
by mitsuketai | 2007-10-05 22:35 | 土井ハム奥さん