怒れ!佐賀牛、鹿児島牛

船場吉兆にとうとう捜査が入りました!

消費者に誤認させて、不当な利益を得た不正競争防止法違反の容疑です。

ところで、最近ニュースの中身を見ていると、気になることがありませんか?

佐賀県や鹿児島県産の牛肉を使った「牛肉みそ漬け」など
3商品の原材料を「但馬牛」「三田牛」と偽って表示…


この内容、ストレートに受け止めると、但馬牛や三田牛に比べて
佐賀牛や鹿児島牛の品質が格段に違う印象を受けてしまう可能性があります。

実は佐賀牛や鹿児島牛といった和牛の85%は但馬牛と同じ血統だそうです。
e0009772_9365983.jpg

産地偽装が分かるまで、多くの人がだまされていたということは、
裏返して考えると、遜色がないくらいの品質だということです。

もっと突っ込んで考えると、本当の味を見分ける眼力いや舌力(完全に造語)を
持っておられる方は少ないことを証明しています。
(※実際、本当の味を評価するには、五感をフル活動しなければなりませんが…)

吉兆を頻繁にご利用なさっておられたお偉いさん方も騙されていたことになります。

先入観だけに頼っていると、本質を見誤る!そのいい例ですね(笑)

そこで、この発想を逆手にとって、佐賀牛や鹿児島牛はその美味しさを
数値や権威あるデータや信頼のおける推薦者の声で、但馬牛に
優るとも劣らないという実力を示すキャンペーンを打つべきなんです。

特に佐賀県は農産物のブランド推進に積極的な県ですので、
古川知事には、災い転じて福となす!となるようなキャンペーンを
お願いしたいなあと個人的には思っています。

たぶん、佐賀牛の気持ちも同じで、仇を討ってほしいと思っているのでは…(笑)

知人に聞いた話では北米では佐賀牛の評判はいい!と聞いたこともあります。

賛否は別として、佐賀牛と他のブランド牛を食べ比べさせて、
そのおいしさをデータで示しながら、納得させる方法が一番ですが…

※画像の牛肉と記事は関係がありませんので、ご了承下さい!
by mitsuketai | 2007-11-16 23:58 | 食の安全&表示