女性雑誌表紙に見る景気動向!

ある先生から定点観測の重要性を教わったことがあります。

それ以来、意識して比較的大型の書店の女性雑誌売り場を定点観測しています。

さすがに、中年のおっさんが腕を組みながら、女性誌を手に取るのは…(笑)

それでも世の中の動向を敏感に感じるので、刺さるような視線を交わしながら、
時には食べ物雑誌に走ろうとする本能と戦いながら、見ています。

これから何枚かの雑誌売り場の画像をお見せします。
皆さんはココから何かを感じられると思います。
e0009772_2345467.jpg

12月号の雑誌ですが、クリスマス関連のネタが非常に少ないのです!
e0009772_23535831.jpg

ジュエリーといったものより、コートや着まわし、コスメといった自分自身を
磨こうという方向と実質性を重視する方向に話題が向かっています。
e0009772_23482373.jpg

あのアンアンもロゴの文字を変えながら、男を見る目を養おうという企画。
つくづく、男気のあるいい男がいなくなったんだなあ…反省しています(苦笑)
e0009772_23495634.jpg

シックな黒を着こなすという内容が目立ちます。

女性の服装を見ても黒や白を中心にシックな傾向だと思います。

ここから色々な予測をしてみたいと思います。

女性は自分の磨くための消費は増やす一方で
飲み会などには使う費用は抑えるので、飲食業の年末の売上は減少する。

着まわし術の普及と暖冬で冬物衣料の売上は伸び悩む。

派手なパッケージよりシックなパッケージの商品売上が伸びる。

より実質的なモノにしか価値を認めないため、財布のヒモはますます堅くなる。

東京は分かりませんが、大阪はだんだん人の往来が少なくなり
活気が失われています。このままじゃお寒いクリスマスになるかも…

景気浮揚のポイントは女性が自分を磨く投資にフィットする企画しかありません!
by mitsuketai | 2007-11-17 23:59 | 社会問題