GAPってなあに?

ここ2、3ケ月、地方の食品加工メーカーから相次いで、
中国産の農産物を原料とした加工食品が売れずに、苦境に
たたされているという話が入ってきます。

このままでは、廃業も考えなければといった深刻なお話しがあり、
苦境打開に知恵を貸してほしいという依頼が来るようになりました。
e0009772_7551528.jpg

原材料の高騰と末端市場の冷え込みのダブルパンチで
経営が成り立たなくなっているところも出てきています。

特に身の丈以上に設備投資をしたところは大変です。

安心・安全のための衛生や工程管理の徹底のためには、
設備投資が必要不可欠で、それを投資しなければ仕事が来ない、
かといって投資に見合う受注はないという板ばさみ状態!

そんな中で、最近、特に問い合わせが多いのが
GAPについて教えていただけませんか?

ちなみに、このGAPのことではありません(笑)
e0009772_753115.jpg


GAP=適正農業規範
つまり、農業生産の現場でのプロセスチェック方式による農業生産の手法に関する基準。

具体的に説明すると…

病原微生物や有害な物質など、生産工程ごとに想定される、
安全な作物を作るための危害要因(ハザード)とそれに対応した
措置をリストアップし、確実なリスク管理措置を実施し、内容を
記録するという一連の取り組みのことです。


早く言えば、農業におけるHACCPみたいなもの!


昨年5月からのポジティブリスト制度以来、急速に関心が集まっています。

くわしいことはコチラをクリックしてご覧下さい!

農薬の検査をいちいち実施すると莫大な検査費用がかかるし、
すべての農産物を検査することは到底不可能です。

それならば、きちんと栽培管理を行い、記録することで
安全・安心を図るとともに、万が一不具合が発生した場合には
工程ごとに対策をあらかじめ決めておこうということが根底にあります。

お付き合いさせていただいたり、面識のある方には
簡単な説明ペーパーを差し上げていますが、これを
きっかけにGAPにご興味を持っていただければいいなあと思っています。

ちなみにベジタブル&フルーツマイスター試験に臨まれる方は
このGAPについては、みっちり勉強された方がいいと思いますよ(あくまで独り言…笑)
by mitsuketai | 2007-11-22 23:58