ウォーキング・クーポン構想!

メタボリック対策として何かと話題になるのがウォーキング!

携帯大手のノキアからは万歩計付き携帯も発売されているし、
ウォーキング・マイレージなる仕組みも生まれているようです!

そもそもウォーキングは自分の健康のためだと言っても
何か目的や報酬になることがなければ長続きしないのが人間の悲しい性(苦笑)

だからと言って、厳格な規則を決めてしまうと、これまた長続きしない!
e0009772_224121.jpg

そんなことで考えてみたのがウォーキング・クーポンの構想。

小学校時代、校庭のトラック1週走ると1マスづつ台紙を塗りつぶして、
10枚たまると、隣町まで走ったとか、1000枚たまると東京まで走ったとか
ワクワクしながら、走っては台紙を塗りつぶしていたことがあります。

そして目標を達成したらノートや鉛筆をもらっていました。

これは行動分析学でいうところのトークン・エコノミー!

お店のポイントや航空会社のマイレージの考えの基本となっています。

この発想をウォーキングの推進に取り入れて、家族で楽しみながら、
一定ポイントがたまったら、商店街で抽選券と引き換えでガラガラポン(笑)を
行って景品を渡したり、高齢者にはタクシー割引券や温泉入浴券を…

あくまで家族で楽しみながらメタボリック解消、健康増進…が目的なので、
性善説にしたがって自主申告制度と思っています。

申告を偽装すると、自分の健康にとっては効果がないので、
“天にツバを吐く”ように、自分に罰が帰ってきます(苦笑)
e0009772_2253357.jpg

こういう運動は、全国一斉に実施するよりは、どこかの地域で
こじんまりと密度を高く実績を上げる方が効果的だと思います。

実績が上がれば、メタボリック解消推進地域のごほうびとして
更なる施設拡充の交付金をガッポリいただく!

ひょっとして、これが究極のトークン・エコノミーだったりして…(苦笑)
by mitsuketai | 2007-12-12 22:05 | まちおこし