大山崎山荘!

今日、昼過ぎ、堺に住む叔父から、大山崎山荘アサヒビール美術館
行きたいので、案内してほしいとの連絡!

そこでJR 高槻駅で待ち合わせて、そこから山崎へ!

案内料の代わりに、以前紹介した世界パンが年に3回しか
焼かないという、こだわり食パンをいただきました。
※評価は後日、案内します
e0009772_014552.jpg

閉館1時間前ということで、お客さんはまばら…

JR大山崎駅からの送迎バスは貸切状態(苦笑)

モネの睡蓮などの絵画もありますが、企画展もあるものの
展示内容は一度見ると、それで十分な気がします。

理由は定かでありませんが、以前に比べ観客が減少していることに
展示物の目新しさの欠如が関係しているのかもしれません。

その反対に、気に入っているのが、このロケーションと
歴史的建造物としての大山崎山荘!

逸翁美術館もそうですが、大正から昭和初期に建てられた
邸宅建築の多くは、現在では到底できないような粋なたたずまいがあります。
e0009772_015865.jpg

しかも、四季それぞれに佇まいを異にする点は日本独特かも…

耐震基準の問題もありますが、昔ながらの粋な邸宅は
何とかして保存していただければと思っています。
by mitsuketai | 2008-03-02 23:58 | アート