ヒト モノ カネ 情報…

一昔前までは企業の財産といえば、ヒト モノ カネ

それが今では、ヒト モノ カネ 情報…

ヒト モノ カネ 情報どれをとっても大切ですが、
その中でとりわけ大事なのは、どれだと思われますか?

なぜ、こんな質問するのかと申しますと、最近お会いする
企業経営者の方々から“人材育成”の話題が出るからです。
e0009772_2131240.jpg

“原点に返って、人材育成を考えたい”
“コミュニケーション能力を高め、意思疎通を図りたい”
“社員の持てる能力を最大限に発掘する方策を見つけたい”

ヒトの育成には経費もさることながら、時間がかかります。

時間をかけても育成できないこともあります。

昨晩もNHKで職場いじめの問題がクローズアップされていました。

目先の合理化の名のもと、正規と非正規社員の
待遇格差が“社内いじめ”に拍車をかけているかもしれません。

一見、派遣労働による経営の合理化は企業にとっては
有効に思えますが、これも常用すると、薬も毒になるが如し!

徐々に体力がなくなっていきます。

せっかくご縁があって出会っても、お互いの能力を認め合い、
お互いのパワーを生かしあうことができないとなれば、
経済的にも時間的にも大きな、目に見えない損失となって蓄積します。

そのうちにカネだけではヒトを採用できなくなる時代が到来します!

モノづくりと並んで人づくりの大切さこそがニッポンの底力

それに気づいておられる方々が少しずつですが、増えてきています。

だからこそ、これを抜本的に政策がサポートしていただければ
世の中も明るくなるのになあと感じています。

最近スイーツの甘口の話題が多かったですが、
今日は久しぶりに辛口なお話しになってしまいました!

ああ、まだ熱にうなされているのかも…(苦笑)
by mitsuketai | 2008-03-06 20:58 | ビジネス