美しき利益と繁栄!

円高でとうとう1ドル95円台に突入!

株価は連日の大暴落、底なし沼状態…

日銀総裁人事は混迷…

中国のチベット暴動はどうなる…

これらを見ていて感じるのは人間のエゴが
現象として結実しているような気がします。

基本的な構造が“どこか得するところがあれば、損をするところがある”

自他ともに共存共栄、相互扶助の精神はどこかに飛んじゃっています。

そんな時に気になっている本があります。

ルポ貧困大国アメリカ
e0009772_23465471.jpg

以前、仕事でロスに行って、感じたのが貧富の差!

ウォルマートで安い、一見鶏がらみたいな食材ばかりをたくさん
買い込んでいる姿と、ホールフーズマートで買っている食材との差を
見て、当時はショックを感じたものです。

中国でも沿岸部と内陸部の貧富の差が激しくなっています。

そんなアメリカや中国が大国って言えるのかなあ…ずっと疑問に思っています。

最近の日本もそうですが、国民が幸せな気持ちにならないと
その気持ちが現象となって奇妙なことが現れるような気がします。

貧富の差を生み出した富裕層にもいつかしっぺ返しが来ます。

日本の古きよき共存共栄、相互扶助、リベラル的な考え!

戦前の経営者は寄付や寄進といった社会貢献が
成功のステータスにように競っていたと思います。

自分も利益を享受するけれど、社会全体の利益向上が
自分の利益にも反映されることも分かっておられたのでは…

そうして得られた利益は美しい利益だと思います。

机上でBSやPLをいじくり、搾取みたいな形で得られた利益はどうも…(苦笑)

これって大事にしていかないと、ますます日本の存在感が
なくなってしまうような気がしますが、皆さんはいかがですか?
by mitsuketai | 2008-03-17 23:52 | 社会問題