食の大学院!

関西財界と大学などが食の大学院構想を進めている!

早ければ2010年にも開校の運びとか…

特定のキャンパスを設置せず、大阪府立大学や大阪市立大学を
中心に共同大学院の形で考えられている模様。
e0009772_21204931.jpg

外食産業の業界団体が支援や講師派遣を検討しているとか…

確かに、くいだおれの街 大阪復権には朗報だ!

しかしながら、一部の業界団体の色が濃くなることにはいささか危険なにおいがする。

外食産業等のビジネスにうまい具合に利用されはしないか…

食というのは、外食や中食、食品メーカーや一部の団体のいいなりに
利用されるべきものではないと考える。

家庭での食、老後の食、発育の食、食育=教育としての食
食の生産である農水産業としての食、栄養としての食…

食の安全・安心や自給率向上、耕作放棄地や中小零細食品事業者への
人材供給など、幅広い、日本が現在抱える食のあらゆる問題点を
解決できる人材養成をできる場が必要だと思います。

広く食に関わる色々な立場の人が、自由闊達に意見を出し合い、
学べことができる場であってほしいと思う。

国も食育を最重要施策として考えるならば、食の都 大阪に
食育も含めた食の大学院大学を開設するぐらいの
思い切ったことがあってもいいのではないか!

皆さんのご意見はいかがでしょうか(ペコリ)
by mitsuketai | 2008-04-07 21:11 | 食育&地産地消