平成の種まき!

ミャンマーに大きなサイクロンが上陸し、大変な被害が発生。

お隣のタイもサイクロンによる塩害で農作物は大打撃!

インドや中国も高まる国内需要優先で米の輸出もストップ!

ベトナムも事実上の輸出禁止。

穀物の高騰と異常気象がとうとう米まで波及してきました。
e0009772_23453773.jpg

その一方で、日本国内は減反、減反のオンパレード!

また生産者の高齢化、米価の引き下げで耕作地の放棄がすごい勢い!
e0009772_23482150.jpg

皆さん平成5年の米不足で走り回ったこと覚えていらっしゃいますか?

日本は米の輸入割り当てがあって輸入しなければならないのですが
その状況も一変するかもしれません。

近い将来、万が一、台風や冷害の異常気象に見舞われたら、今度は米騒動になるかも!

農業政策においては、まず第一に減反の方針を大転換すること、
農家が安心して取り組めるよう、補助金を使ってでも米価を安定させること。

今の高齢者が若者に担い手としてバトンタッチできる仕組みを作らず、
減反を推し進めると、まちがいなく米は足らなくなってしまいます。

飼料やバイオエタノール、はたまたパン、めん、パスタといった小麦製品も
米で作るようにしないと、日本の食糧事情は困窮します。

唯一、食糧自給率を高めることができる米を最大限生かす方法、
名づけて“平成の種まき”をニューディール政策のように将来を
見据えて対応しないとエライことになりそうです(ペコリ)
by mitsuketai | 2008-05-13 23:40 | 食育&地産地消