99%の汗と1%のひらめき!

“99%の汗と1%のひらめき”

かのエジソンが発明の秘訣を聞かれて答えたのがこの名セリフ!

かつて、こんな勝手な解釈をしていた時代があります。

99%努力して失敗し、やっと1%のひらめきが出てきて、発明につながる。

まあ、完全に間違いじゃないかもしれませんが…(苦笑)

ところが、最近、“おいしいものはどうすれば生まれるのか”の
本質を探求する中で気づいたことがあります。
e0009772_073514.jpg

例えば、料理や食品の味付けの際、いわゆる“さ・し・す・せ・そ”の
調味料に代表される甘み、しょっぱさ、すっぱさ、辛さなどの組み合わせで
行った上で、こんぶやかつおぶしや干ししいたけなどから出るうまみ成分を
いかに上手に組み合わせるか!味の良し悪しはここにかかっています。

うまみ成分を感じる舌の感覚器官はどうやらひとつで、“おいしい”というのは
素材を含めた色々な味の組み合わせによるのです。

みかんでも酸味と甘みのバランスがあってはじめておいしいのです!
e0009772_012299.jpg

ということは、あらゆる味に精通しておかないと、最良の組み合わせには
なかなかめぐり合わないということだと思うのです。

世の中の発明や発見も細かく分解していくと、最小単位はすでに
存在しているものが往々にしてあるはず!

色々なパーツを知り尽くしてこそ、ようやく“ひらめき”という術に
めぐり合えるのでは…だんだんそんな感じがしてきました。

学生時代の勉強も、家庭でのしつけも社会に出てから仕事を通しての体験も
遊びも食べまくりも(笑)諸国放浪も(苦笑)も何ひとつ無駄はないのかなあ(大笑)
e0009772_0101923.jpg

勝手な解釈ですが、そう考えると皆さんも気分が楽になると思われませんか?

“おいしいひらめき”のために日々さまよう孤独な隊長の夢想でした(ペコリ)

ちなみに隊長の夢想はルソーのように高邁ではありません…そんなことわかっとる(怒)
by mitsuketai | 2008-05-20 23:38 | 教え