日本は水を大量に輸入している?

今日、久々にNHKのクローズアップ現代を観ました!

今週のシリーズは“水危機” 地球の水は人を養えるか

異常気象による干ばつ、慢性的な水不足が
世界の食糧危機をさらに深刻なものにしている。

日本は山紫水明の国で水資源には困らないから大丈夫!
e0009772_0213152.jpg

いや、実はそんなことはないのです。

食料自給率39%の日本は世界各国から大半の食料を輸入している。

小麦粉を輸入すれば、小麦の栽培にかかる水を使います。

牛肉を輸入すれば、牛が飲む水ばかりではなく、牧草や
飼料のとうもろこし栽培に大量の水を消費します。

間接的には輸出国の水を消費していることになるのです。

日本は年間数百億トンもの水を輸入していることになるのです!

こういう水のことをバーチャルウォーター(仮想水)といいます。

※各種試験にバーチャルウォーターとは何か?そんな問題出るかも…(笑)

特にコメの栽培には大量の水を必要とします。

日本でも昔から水利権を巡って死者が出るような争いもあったぐらいですから…

今、コメ余りで減反推進となっていますが、日本は世界に比べれば
まだ水資源に恵まれています。

ですから日本は一生懸命コメを作り、諸外国とコメと他の農産物を
引き換えにするようなことが戦略上必要かなあと思っています。

追伸:もともとキレがありませんが、最近余計に文章や中身にキレが
    感じられなくなってきています(困)
   
    コンパクトに、おもしろく、キレ味のいい文はなかなか…
    別の意味ではよくキレるのになあ…(苦笑)
by mitsuketai | 2008-05-27 23:58 | 社会問題