逆境はおいしさを作る…スイカに学ぶ!

今日、スイカ作り名人の吉永さんと久しぶりに電話でお話!

吉永さんのスイカはいつ食べても当たり外れがない美味しさなのですが、
今年初めて、スイカが一番美味しい時期を伺った。

答えは4月上旬から5月ゴールデンウイーク明け!

6月や7月でも美味しいと思ったが、やはりおっしゃられるとおりで
5月ゴールデンウイーク頃のスイカは甘さが違った!

皆さんにお知らせしようと思ったが、もはや5月中旬になってしまい
お知らせできなかったことが悔やまれる(ペコリ)

しかし、スイカ美味しさはスイカそのものだけでなく、外気温との関係もある。

だから6月は6月の美味しさもあるのだが…

そこで、またスイカが恋しくなったので、吉永さんにスイカの様子を
お伺いするために電話を差し上げた次第なのである。

スイカもさることながら、吉永さんとお話ししていると元気をもらえるのもうれしい!

ハウスで栽培されているのだが、ここのところの雨続きで湿気を
たっぷり吸い込んだ空気から水分を吸収するためイマイチ
時期を見ようということになった。

スイカやトマトは湿気が少なく、水分がまわりに十分でない時、
自己生存のために必死に水を吸い上げた時の方がおいしいとのこと。

これで5月のゴールデンウィーク頃美味しいというのもうなづける。

それが雨が多くて、空気中にたっぷり湿気を含んでいる時には
苦労せずとも水分を吸収できるので、やはり味が落ちる…

ただ雨が上がって、カラッと晴れて、おいしくなるのを待ってみることにした。

苦労して身についた実力はホンモノ!とよく言われたことだが、
これは自然界の摂理に一致していることなのだ!

このことを肝に銘じて、味わいのある人間になりたいと真剣に思ったのである(ペコリ)
by mitsuketai | 2008-06-20 22:38 | 野菜のソムリエ