視覚マーケティングのススメ!

視覚マーケティングのススメ!この本、一気に読み進みました!
e0009772_038325.jpg

デザインというものに、マーケティングのエッセンスを
吹き込ませたものが視覚マーケティング!

ビジネス社会でのデザインは芸術的作品と違って
業績に貢献できる、すなわち、売れなきゃ意味がありません。

求められるのは、売れるデザイン!

売れるデザインとは、その商品特徴がひと目で
その商品を求めておられる人の視覚を通して
脳裏に刻まれる、記憶に残るような認識だと思います。

ということは、ターゲット客層とその客層にあったコンセプトを
うまく表象、具現化したものでなければなりません。

ということはマーケティングエッセンスをうまく整理しておかないと、
少なくとも売れるデザインにはなりません。

早い話、自分たちの商品やサービスをどうやって作って
どうやって売ればいいのかが分かっていないと、デザイン云々は分からない(苦笑)

そのためには文字のフォントひとつとっても重要だということが分かります。

コンセプトが不明瞭なままで有名デザイナーに依頼しても売れない(笑)

なぜ、この商品なんだ!を明瞭にした段階でデザインの骨格は
あらかじめ決まるような気がします。

そうはいうものの、実際の実務ではなかなかうまくいかないのも現実!

まあ、皆さんもご興味があれば、視覚マーケティングの重要性と
大企業だけのものでもなく、中小企業でもできるアイデアが
この本に詰まっていますので、推薦してみたいと思います。
by mitsuketai | 2008-07-31 23:58 | おススメ本