難しいのでは…

裁判員制度が来年の平成21年5月21日からスタートすることは
皆さん先刻ご承知のことと思いますが、あらためて
最高裁のホームページから抜粋した内容をご紹介すると…

平成16年5月21日「裁判員の参加する刑事裁判に関する法律」が
成立し,平成21年5月21日から裁判員制度が実施されます。


裁判員制度とは,国民のみなさんに裁判員として刑事裁判に参加してもらい,
被告人が有罪かどうか,有罪の場合どのような刑にするかを裁判官と
一緒に決めてもらう制度です。


裁判員制度に関連するする本もいくつか出ています。

そんな中で東大の山口 厚先生が一般市民向けに書かれた
岩波新書 刑法入門をパラパラとめくっていました。
e0009772_073523.jpg

やさしい語り口とは言え、内容は結構難しい!

刑法は身近な法律ですが、逆に人を裁くとなると様々な見地から
検討しなければならず、理論も結構複雑です。

しかも被告や被害者の将来を左右する判決に対して
難解な刑法理論を義務教育終了以上の一般市民に
理解して、判決に反映させるということにはいささか無理があると思います。

正直、僕にはあの難解な刑法理論を理解するのはまず無理(笑)
e0009772_010452.jpg

巷では裁判員制度の通知は“赤紙”とも言われているとか…
e0009772_0123862.gif
司法試験改革による法曹の粗製乱造も含め、裁判員制度よりは
専門家としての優秀な法曹の養成と難解な判決文の平易化や
市民が法曹にアクセスしやすい仕組みづくり等他にいくらでも
方法があるように思います。

今からでも遅くはありません!

国民が不安に思っている制度は廃止した方がベターじゃないでしょうか!

いっそ、来るべき衆議院選挙に裁判官国民審査の横に裁判員制度は
可か不可かいずれに○を付けてもらって、民意を問いたらいかがでしょうか(ペコリ)
by mitsuketai | 2008-08-04 23:37 | 社会問題