食品の値上げについて!

ニュースで食品の値上げのことが話題になっています。

最終製品の値上げがすぐ家計に直結するので
どうしても最終製品のメーカーの値上げが目立ちます(苦笑)

ところが原材料や資材の値上げは昨年末から数えていたら
キリがないくらい、連日値上げの案内ばかり(困)

原材料メーカーや資材メーカーは相次ぐ統合で
競争が少なくなり、値上げを受け入れないと、
必要な原材料や資材を確保できなくなることも

利益どころか経費をギリギリ切り詰めていて、
がけっぷちに立たされているところが大半だと思います。

値上げをきちんと説明する資料作りに追われる一方で
なかなか値上げを認めていただけないのも事実。

値上げした分、小売店や問屋も売上、利益ともに厳しいことも要因。

では生活者はどうすればいいのか?

あまりお教えしたくないのですが(苦笑)、必要でないものは買わないこと!

どんどん製品を作っているメーカーの倉庫は商品が売れないと
在庫であふれかえってきます!

電気製品や衣料品と違って食品には賞味期限があります。

賞味期限も半分を過ぎれば価格が下がってきます。

さらに在庫が長期間膨らめば膨らむほど倉庫費用がかさんできます。

そうなると、量をさばいてくれる買い手には特別の条件を出さざるを得なくなります。

でもこんなことを続けていると、メーカーの経営も苦しくなります。

だからこんな時には価値のある、利益の取れる商品を開発していかなければ、
新たな売り方や販売ルートを開拓しなければ、メーカーの存亡にも関わってきます。
ホント大変なことです。

税収が下がってきたから、税率を上げる!

高齢者の医療費がかさむから、新たな徴収手段を有無も言わさず押し付ける!

無駄遣いしてしまった結果の赤字を将来の世代に残すことはできない!

民間の大半はたぶんこんなことを言ってみたいと思っておられるのでは…(笑)

“売上も利益が下がってきて食べていけないから、国に面倒も見てもらいたい”

公務員の中にも土日もなく頑張っておられる方がたくさんいらしゃいます。

だから、無駄遣いをしている役人いや厄人の罪は重いのです(怒)
by mitsuketai | 2008-09-01 21:14 | 社会問題