鉄道の吊り広告!

最近、電車に乗っていると車内の吊り広告に目がいきます。

吊り広告の中身じゃなくて、吊り広告の激減!

広告が吊っていないスペースがいっぱい。

未だ健在なのは女性週刊誌の広告ぐらいかなあ。

百貨店のバーゲンや催事の広告なんてすっかり見当たりません。

阪急電車なんて車両まるごと宝塚歌劇の公演ポスターなんてことも。

それと駅のホームから見える看板!これもめっきり空スペースが目立っています。

半年以上も『広告制作中』なんて…そんなバカなことってあるの?

原因として考えられる理由はいくつかあると思います。

①鉄道利用客の激減、すくなくともラッシュアワーなんてことはもはや死語。
②景気低迷による広告予算のカット。
③インターネットも含めた広告手段の多様化

電車でふと見たことがきっかけでイベントに行ったり、
買い物をしたりという楽しみのきっかけがなくなってしまいます。

ケータイ小説も話題になっていますが、車内吊り小説なんてどうかなあと思います。

電車に乗れば、そこでしか読めないオリジナル小説なんて面白いのでは…(ペコリ)
by mitsuketai | 2008-09-04 22:17 | ビジネス